IFSAは外国人留学生のための様々な情報提供、就職・転職支援(日本人海外経験者含む)までを行う非営利団体です。

柳 彬さん

Top向学新聞今月の人柳 彬さん
}}

#html{{
<img src="http://www.ifsa.jp/image/spaceball.gif" style="width: 600px;
height: 580px; position: absolute; z-index: 1;"/>


柳 彬さん (韓国出身) 
(慶応大学経済学部 在日韓国留学生連合会会長) 


留学生による大学説明会開催  一人一人の夢をかなえたい

  在日韓国留学生連合会は、1919年2月8日に朝鮮青年団の名義で独立宣言書を発表して以来、今年で90年を迎えます。現在は関東圏の大学26校が参加しています。活動としては年に2回のボーリング交流会、日本人学校の留学生や高校に通う在日韓国・朝鮮人学生を対象とした大学進学説明会、インターネットによる情報交換などを行っています。
  私は韓国にいる頃に、先に早稲田大学に留学していた兄から連合会のことを知りました。兄が連合会の副会長をしていたために、日本の大学の情報を知ることが出来てとても助かったのを覚えています。日本留学したい韓国人は多いのですが、希望する大学に入るために必要な情報を得ることはなかなか難しいのです。そこで連合会では「留学生博覧会」という、現役留学生による大学説明会を行っています。9月か10月に各大学の連合会からメンバーを集め、会場には各大学のBOXをつくって、留学希望者やそのご両親の相談を受ける場を提供しています。同じ大学の情報でも日本人学生が話す内容と留学生が話す内容では、授業の評価も奨学金制度のアドバイスもポイントが違うので、留学生の観点から見た大学生活の情報は非常に役立つようです。また、韓国にいる留学希望者のために、一般企業が開催している留学イベントに連合会から何名か参加して、留学生活の生きた情報を伝える努力をしています。
  私が連合会会長に立候補したのは、皆と一緒に話し合い皆と同じ目線で一つの目標を見ることが好きだからです。高校時代にも学生会代表の活動をしていました。今後は、連合会を留学生一人一人の夢をかなえる団体にしたいというビジョンを持っています。具体的には、ビザや賃貸の保証人の問題などに関する情報を集めて整理し、ホームページにアップすることや、個人的な相談事に対応すること、韓国人留学生を対象とした企業説明会の実現などを考えています。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional