IFSAは外国人留学生のための様々な情報提供、就職・転職支援(日本人海外経験者含む)までを行う非営利団体です。

福沢諭吉

Top>向学新聞現代日本の源流>福沢諭吉


福沢諭吉 
(ふくざわゆきち)

人材育成が富国強兵の要
「天は人の上に人を造らず」  人と国家に独立の気力

  福沢諭吉は、西洋の学問を日本にいち早く取り入れようとした先駆者である。そこには日本を欧米の属国にさせてはならないという強い危機感があった。日本の文明開化を急ぎ、富国強兵を押し進めるため、諭吉は教育こそが、急務であると考えたのである。

欧米行きの情熱
  福沢諭吉は、江戸時代に3度も欧米に渡った希有な日本人である。江戸時代の日本は欧米との接点を長崎の出島一ヶ所に限っていた。それもオランダ一国。ほとんど鎖国状態であった。この時期に福沢諭吉は、アメリカに2度、ヨーロッパに1度、洋行を果たすことになる。中津藩(現大分県)という小藩出身の下級武士の若者が、幕末という混乱期であったにせよ、3度も欧米経験を持つことなど、ほとんどあり得ないことであった。
それが実現したのは、彼の才能、とりわけ語学(オランダ語)能力が秀でていたことは疑い得ない。しかしそれだけではない。才能だけならば、彼よりも優れていた人材は他にもいたかもしれない。むしろ情熱である。あらゆる機会を利用して、日本よりはるかに優れた文明を有する欧米をこの目で見、この肌で感じたいという情熱が、彼を欧米へと押し出した。
江戸幕府が使節をアメリカに送ろうとしたとき、諭吉は行きたい気持ちを抑えることができなかった。伝を探して、軍艦奉行の従者としてアメリカへ同行させてもらうよう頼み込む。予想に反して、快諾してくれた。外国に行くことなど、誰もが嫌がる時代であったからである。諭吉、27歳の時であった。
その後のヨーロッパ行きも、再度のアメリカ行きも、彼の情熱が実現ならしめたものであった。この情熱は帰国後、教育の分野で大いに発揮されることになった。慶応義塾大学の創設である。欧米の高度な文明に接して、彼の愛国心は一気に燃え上がる。欧米に負けない日本を造らなければならない。それには教育しかない。彼の情熱と愛国心は、教育と言論活動に注がれるのである。
明治時代のインテリの大半は、諭吉の著書『西洋事情』『学問のすすめ』を読んだ。必読書であったのだ。これらは明治の知のあり方に決定的な影響を与えた。その影響の深さと広さを考えれば、福沢諭吉を明治を作った代表的日本人の一人として上げることに躊躇する者はいない。

家柄に無関心なアメリカ
  1860年1月19日、福沢諭吉は咸臨丸に乗り込んで、品川沖からサンフランシスコへと向った。はじめに諭吉を驚かせたものは、物量のすさまじさであった。床一面に敷き詰められた絨毯。その上を靴で歩くのである。また街のいたる所に、空き缶やくず鉄が捨てられている。当時の日本では鉄は貴重品で、火事が起これば、くぎ拾いに多くの人間が集まってきた。これほど鉄は貴重なものであった。ところがアメリカでは、それが無造作に捨てられており、人々は見向きもしない。諭吉は想像を絶するアメリカの物量に肝をつぶすばかりであった。
さらに諭吉を驚かせたことは、家柄の問題であった。諭吉はある時、アメリカ人に「ワシントンの子孫は今どうしているか」と質問した。それに対するアメリカ人の反応は、実に冷淡なもので、なぜそんな質問をするのかという態度であった。誰もワシントンの子孫の行方などに関心を持っていなかったからである。
ワシントンといえば、アメリカ初の大統領である。日本で言えば、鎌倉幕府を開いた源頼朝や徳川幕府を開いた徳川家康に匹敵する存在に思えたのである。その子孫に誰も関心を持っていないアメリカの社会制度に諭吉は驚きを隠せなかった。高貴な家柄に生まれたということが、そのまま高い地位を保障することにはならないのだ。諭吉は新鮮な感動を覚え、興奮した。この体験が、後に「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずと言えり」という、『学問のすすめ』の冒頭のかの有名な言葉を生み出すことになる。

ヨーロッパへ
  アメリカから帰国して、わずか1年半後に諭吉は、幕府の遣欧使節団の一員としてヨーロッパに渡った。この時も当初、諭吉は参加する予定にはなっていなかった。例のごとき情熱で懇願したが、すでにメンバーは決められていた。しかしたまたま予定の通弁役が一人辞退したため、急遽諭吉が選ばれたのである。諭吉にはつきがあった。
フランス、イギリス、オランダなどヨーロッパの主要な国々を回りながら、鉄道、病院、郵便などのシステムに強い関心を持った。特に鉄道に関しては敷設の費用、資金はどこが出すのか、貨物や乗客の運賃など経済的制度的側面に興味を示した。後に鉄道建設を強く主張する素地はここに求められる。
この度のヨーロッパ訪問は、諭吉の人生にとって非常に大きな意味を持つものであった。一つはオランダ離れが決定的になったということ。江戸時代の洋学は、蘭学(オランダ学)一辺倒であった。フランス、イギリスに続いてオランダを訪問した使節団一行は、第二の故郷のような印象を持ったと言う。それまでの交流もさることながら、小さな国土、勤勉な国民性、よく手入れされた国土に親近感を感じたとしても不思議ではない。しかし、イギリスやフランスに比べて、オランダが見劣したことも事実であった。諭吉は、蘭学から英学(イギリス学)に切り替えることを決意する。
もう一つは、ヨーロッパを見聞して、弱肉強食の現実に直面したことだった。経済力と武力による権益確保に各国は汲々としていた。一歩間違えば、たちまち侵略を受けたり、属国になる運命が待っている苛酷な世界である。日本の将来を考えずにはおられなかった。ヨーロッパから手紙に次のように書き送った。「まず当面、日本が急ぎやらねばならぬことは、富国強兵であります。そして富国強兵の基本は、人物の養成にあります」。
諭吉の考えは固まった。ヨーロッパに負けない、独立した強い日本となるには、富国強兵が不可欠である。そのために教育が最重要課題である。そこに自らの使命があると強く自覚することになったことは想像に難くない。この時、諭吉は29歳であった。

再びアメリカへ
  ヨーロッパから帰国して4年後、江戸幕府はアメリカから購入した軍艦受け取りのため使節を派遣することになった。この時も諭吉はメンバーには入っていなかった。しかし持ち前の執念で、使節団入りを果たしてしまった。軍艦受け取り委員長のところに日参し続け、彼の執拗さに委員長が音をあげてしまったのである。
幕府の役人としての渡米ではあったが、この旅行で諭吉は幕府を見限ることになる。同行した役人たちに、危機意識がほとんど見られなかったからである。一歩舵取りを誤れば、日本は欧米の属国になってしまう。なのに国内は攘夷(欧米排斥運動)問題で激しく揺れている。役人たちは、国のゆくえよりも、保身と私利私欲に凝り固まっているように諭吉には思われた。日本の文明開化のために自ら取り組むほかはないと考えるようになっていた。
こんな幕府がそのまま存続するはずがない。幕府を見限った諭吉がやるべきことは一つ。教育である。この旅で諭吉は英書を大量に購入することにしていた。彼が開いていた塾には、学ぶべき英書はほとんどない。生徒の教科書として使うために、同じ本を数十冊ずつ揃えて買い込んだ。生徒一人一人が一冊ずつ教科書を手にして学ぶ時代が、ここから始まったのである。

独立自尊
  帰国後すぐ、諭吉は新たな塾舎の建設に取り組んだ。慶応4年(1868年)の4月に完成したので、これを慶応義塾と命名した。その年の9月に元号が明治に変わったので、慶応義塾は明治と共に出発したことになる。日本の近代化と歩調を合わせながら、諭吉の教育の歴史が展開するのである。
福沢諭吉は西洋で自由と平等を学んだ。日本の封建主義的身分差別を嫌悪していた諭吉は、この平等思想に新鮮な感動を覚えた。人間は生まれながらに平等であるという信念を持つにいたる。しかし現実ははなはだ不平等である。この差は何か。学んだか学ばなかったかで決まる。諭吉の教育への情熱は、この平等と不平等の差を埋め合わせることに傾けられた。
福沢諭吉の好きな言葉は「独立自尊」であった。独立の気力のない者は必ず人に依頼する。人に依頼する者は必ず人を恐れる。人を恐れるものは必ず人にへつらう。そして人にへつらうことによって、時に悪事をなすことになる。独立心の欠如が結果として、不自由と不平等を生み出す。学ぶことの目的は、まずは独立心の涵養である。諭吉はこう考えていたのである。
諭吉の平等主義は、単に人と人との関係においてとどまらない。国と国との関係においても、同様に支配、被支配のない平等の関係を考えていた。その前提が独立であることは言うまでもない。人には独立心が必要であると同様に、国家は独立が存在の前提である。このことの意義を諭吉は慶応義塾において、若者たちに火のように説き続けたのである。



a:9304 t:2 y:3

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional