TOP>日本語教育実態調査
Top留学生関連記事>日本語教育実態調査
向学新聞2023年10月号目次>日本語教育実態調査

文化庁は8月、2022年度日本語教育実態調査(2022年11月現在)の結果を公表した。  日本語学習者は21万9808人(前年度比9万6400人増)、日本語教師等は4万4030人(同4789人増)となり、コロナ禍前の数には届かないものの、コロナ禍下で減少が続いていた数が2年ぶりに増加に転じた。

一方、日本語教育の担い手となる日本語教師などの養成・研修の受講者は2万8648人で、前年度比1943人減となった。また、現役日本語教師の約5割がボランティアで、年代別では、多い順に60代が21・9%、50代が19・5%を占めており、次世代の人材獲得・育成が引き続き課題となっている。

向学新聞2023年10月号目次>日本語教育実態調査

a:242 t:2 y:0