IFSAは外国人留学生のための様々な情報提供、就職・転職支援(日本人海外経験者含む)までを行う非営利団体です。

ファム・チュオン・ホアンさん

Top向学新聞今月の人ファム・チュオン・ホアンさん
}}

#html{{
<img src="http://www.ifsa.jp/image/spaceball.gif" style="width: 600px;
height: 550px; position: absolute; z-index: 1;"/>


ファム・チュオン・ホアンさん (ベトナム出身) 
(横浜国立大学大学院環境情報学府博士課程・在日ベトナム学生青年協会会長) 


人道支援活動を展開  母国の学生に奨学金を支給

――在日ベトナム学生青年協会について。
  メンバーは主に留学生ですが、留学後日本で就職した人も含まれます。日本で唯一の全国的なベトナム人青年組織で、ベトナム人留学生の所属する組織としては最大級です。
  活動は主にオンラインとオフラインの二種類あります。オンラインの活動では、ホームページを通じての情報交換、ニュース発信などの情報提供を行っています。そしてオフラインの活動ではみなが集まって、留学生と青年の大会を年に一回関東で開催したり、正月のイベントを開催したりしており、これらには大体200~300人が参加します。昨年からはASEAN6ヶ国のスポーツ大会を主催し、各国代表がバドミントン、卓球、バスケットボールなどの競技に参加しました。今年も5月か6月に開催する予定です。
  また、協会では人道支援活動も行っています。関東支部では、ベトナムで交通事故にあった方や遺族のためにみなでお見舞い金を集め、直接ベトナムに行ってお金を渡しました。九州支部では、2年前から在ベトナム学生向けの奨学金を出し始めました。日本の国際交流関連の団体と連携し、資金は日本側が出し、選出や支給はベトナム側が担当して一年間直接奨学金を渡します。現地では1ヶ月3000円もあれば生活できますが、その3000円すら無いため、勉強したくてもできない学生がたくさんいます。日本ではそれくらいのお金なら少しがんばれば集まりますから、かなり多くの人に奨学金を出せます。これらの人道支援活動は継続的に行っており、インターネットでもうすでに現地の人とのネットワークはできています。
  日本に留学中の学生に対しても、例えば何か事故にあった時に、イベントを開催し支援金を集めることなどもこれまで行いました。また、在日留学生のための奨学金を新たに出す計画もあり、企業や財団法人に連絡して協力を要請しているところです。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional