IFSAは外国人留学生のための様々な情報提供、就職・転職支援(日本人海外経験者含む)までを行う非営利団体です。

翁 俊華さん

Top向学新聞今月の人翁 俊華さん


翁 俊華さん (中国出身) 
(浜松大学大学院経営学研究科) 


留学生活通じ人間として成長  交流の機会あれば問題は解決

――留学生活を振り返ってみていかがですか。
  アルバイトの中で得たものが大きかったです。私はスーパーのレジや予備校の講師、食品工場で働くなど、日本社会で様々な体験をすることができました。やはり人間の成長の仕方に差が出ると思いますので、留学生はアルバイトを一度は経験しておくべきだと思います。
  中国では一人っ子政策のために甘えん坊の若者が多く、みな自分のことばかり考えています。もし留学していなければ自分もそういう人間になっていたかもしれません。7年間日本に住み仲間との寮生活も体験しましたが、その中で互いに他人の立場で考えることができるようになったと思います。もし中国に残っていたら反日デモに参加し日本の教育を批判していたかもしれません。日本に来たからこそ日本の実情や日本人の考え方を知ることができました。母国に帰ると友人に日本のことをよく聞かれますが、日本人は中国人と何も変わりません。同じ人間ですからよく話し合えば何も解決できないことはないのです。どこにも悪い人はいますし、良い人もたくさんいます。ですから「日本人はこうだから日本は悪い国だ」という考え方は間違いだ、といっています。交流の機会さえあれば、様々な問題が解決できるのです。留学はまさに交流ですから、もっと活発化させていけば反日デモも起こらなくなるでしょう。
  後輩の皆さんにアドバイスするとすれば、日本に留学して遊べる、楽に過ごせるという考えは大きな間違いだということです。語学学習や、場合によっては深夜のアルバイト等もしなければならず本当に大変で、その点は覚悟が必要です。ただ、その苦労に応じて人間的に成長できることは確かです。自分が成長できる苦労は進んでしたほうが良いと思います。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional