IFSAは外国人留学生のための様々な情報提供、就職・転職支援(日本人海外経験者含む)までを行う非営利団体です。

グローバル 縮減と評価

Top向学新聞留学生関連記事>グローバル 縮減と評価

向学新聞2009年12月号


グローバル 縮減と評価(行政刷新会議の事業仕分け)
 


  政府の行政刷新会議(議長/鳩山首相)は11月、国が行う事業の必要性を検討する「事業仕分け」を行い、25日のワーキンググループでは文部科学省の「国際化拠点整備事業(グローバル30)」に対して予算要求の縮減という評決結果を下した。評価の内訳は廃止4名、予算計上見送り2名、予算要求の縮減が6名で、コメントは「クオリティーを上げるのは大学の本務。就活に直結するものに限定すべき」、「英語の講義を用意することが国際化となるのか?国際化の理念や目的が分からない」など、事業の根幹にかかわる疑義も目立った。
 ただ、そもそも短時間で査定する仕分け手法を疑問視する声もあり、評決結果が実際に予算措置に反映するかはまだ未知数だ。
 行政刷新会議は、国の制度や行政の在り方を見直すため首相が設置した政策会議。


a:2813 t:2 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional