IFSAは外国人留学生のための様々な情報提供、就職・転職支援(日本人海外経験者含む)までを行う非営利団体です。

新しい入管法運用開始

Top向学新聞留学生関連記事>新しい入管法運用開始

向学新聞2015年4月号


新しい入管法運用開始

               理系・文系ビザを一本化へ

           
 4月1日から新しい入管法の運用が始まる。これまで企業業務に必要な知識・技能にもとづいて「技術」(理系)と「人文知識・国際業務」(文系)の在留資格が交付されていたが、「技術・人文知識・国際業務」へと一本化される。昨今企業活動は複雑化しているが、在留資格は理系・文系に分かれており、円滑なビザ申請・交付が難しくなっていたからだ。法務省入国管理局の広報担当者は、「外国人採用における企業のニーズに柔軟に対応するためだ」と話す。また、日本国内企業が経営に携わる外国人を広く迎えいれることが出来るよう、現行の在留資格「投資・経営」を「経営・管理」に名称変更する。外国人は外国資本との結びつきがなければ経営活動を行えなかったが、国内資本企業においても経営・管理を行なうことが出来るようになる。



a:1601 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional