IFSAは外国人留学生のための様々な情報提供、就職・転職支援(日本人海外経験者含む)までを行う非営利団体です。

留学生の就職率を5割へ

Top向学新聞留学生関連記事>留学生の就職率を5割へ

向学新聞2016年7月号記事より>


留学生の就職率を5割へ

日本再興戦略2016 
「日本版グリーンカード」創設
 


 安倍総理は6月2日、総理官邸で第10回経済財政諮問会議と第28回産業競争力会議を合同で開催した。会議では、「経済財政運営と改革の基本方針2016」(案)及び「日本再興戦略2016」(案)が取りまとめられ、外国人留学生の就職率を5割まで向上させることを決めた。

安倍総理
会議で発言する安倍総理 (首相官邸HPより)



 政府は日本経済の生産性を向上させるために、高度外国人材の活用を重要な戦略の一つと見なしている。 現在、卒業する留学生の約3割が日本企業に就職しているが、日本人学生の就職率と比べると低い割合となっている。政府は留学生の就職率5割を達成するため、日本語教育・中長期インターンシップなどのプログラムを大学が設置できるよう支援する。省庁が認定した特別プログラムを終了した留学生には、在留資格変更手続きの簡素化などの優遇措置が講じられる。政府は来年度からの特別プログラム策定を目指す。
 
 さらに大学や日本企業と連携しながら、アジア工学系トップ大学の優秀な学生を5年間で1000人招へいし、長期・短期の研修を提供することを決めた。日本企業への就職を希望する者へはジョブフェアやマッチング事業等の支援を施す。
 
 世界最速級の「日本版高度外国人材グリーンカード」の創設も盛り込み、優秀な外国人材の獲得・定着を狙う。高度外国人材の永住許可申請に要する日本滞在期間を現行の5年から大幅に短縮する予定で、海外以上に魅力的な入国・在留管理制度を整備する。




a:19589 t:7 y:9

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional