Top向学新聞リアルVoice>日本の改善点の提案 チョウ ソウ さん

チョウ ソウ さん 

追手門学院大学 経営学部経営学科 中国出身


日本の改善点の提案


WeChat Image_20191208153225c


_
バスを増やし違法駐輪減を


 日本に来る前、私は日本に憧れていた。国の文化に非常に特色がある国だと思う。発展途上国の中国に比べて、きっと便利で何でも早いだろうと思っていた。
 しかし、私は日本に来てからいくつかの不便なところを見つけた。
 まず、郵送で来る荷物が届いた時、家に誰もいなかったら、配達員は「不在連絡票」を残して行ってしまう。この場合、私は隣のコンビニに行っていただけかもしれない。すぐに戻ってくるのに、配達員とすれ違うことになる。でも、もしその時、配達員から私のスマホに連絡してくれたら、すぐに戻って来て、再配達はいらなくなるだろう。
 そして、日本はバスの利用率が低い。日本では、主に地下鉄、電車、JRを利用し、通学や通勤している。でも日本の住宅街は駅から15分から20分の距離が普通である。みんなは普通に自転車で駅へ行き、そして、駅に着いたら、自転車を「駐輪禁止」のところに置いて、電車に乗る。それは、ルール違反になることは知っているが、こうするしか仕方がない。まちでもっと多くのバスが運行されたら、地下鉄や電車の使用を分散できる。そして、人々は家から駅まで、自転車の代わりに、バスを利用し、駅前の不法駐輪の状況も改善できるだろう。
 日本なら、実は不便なところより、便利なところの方がより多いが、郵便のこと、バスの使用率が低いというところは、私のような外国人から見ると、自分の国より不便なところである。先進国なのに、こういうところが不便なのがちょっと意外である。

自転車の路上駐輪

自転車の路上駐輪



記事へのご意見・ご感想


a:262 t:1 y:2