Top向学新聞日本文化の底力>シリル コピーニさん

向学新聞2020年10月1日号記事より>

 シリル コピーニさん 

落語パーフォーマー 言語学者 アンスティチュ・フランセ日本

落語は想像を喚起する舞台芸術

フランス語で伝える日本文化

 
 フランス出身で日本在住23年のシリル氏は、落語を日本の舞台芸術として海外に広めている。落語の魅力、日本文化の発信、今後のビジョン等について伺った。


シリル コピーニさん

     シリル コピーニさん



          



<プロフィール>
 Cyril Coppini シリル コピーニ
 フランス南部のニース出身。日本在住23年。フランス国立東洋言語文化研究所で言語学・日本近代文学の修士号を取得。1997年に在日フランス大使館付属文化センター「アンスティチュ・フランセ」に入職し現在に至る。落語パーフォーマーとしては2011 年から活動を開始し、国内外で落語の実演・講演会・ワークショップを積極的に行っている。また、2013 年から日本のサブカルチャーコンテンツの翻訳と海外への紹介を開始。


今の仕事と活動

 大使館と翻訳と落語の3つです。来日以来フランス大使館の職員で、学校と文化センターを兼ねたアンスティチュ・フランセで勤務しています。長年、フランス文化を日本に広める中で、10年ほど前に、「逆に日本文化を海外に広めたい」と思ったタイミングで、落語との出会いがありました。その際、大使館からハーフタイム勤務のオファーを頂いたので、日本国内だけでなく、海外でも落語の口演を行うようになりました。
 当然、収入もハーフなので、落語にプラスして稼ぐ道を考えました。自分ができることは日本語とフランス語しかないと思い、ちょうど人との縁があり、漫画(名探偵コナン)の翻訳をやり、翻訳家にもなりました。大使館と落語と翻訳の仕事と、うまくバランスを取ってやっています。
 この3つの仕事に共通するのは日本語で、強いて言えば、私の仕事は言語学者になります。30年前、高校生の時に日本語をやり始めて、それが今に繋がっています。


日本との出会い

 故郷のニースの高校で、日本人の良い先生との出会いがありました。その第一印象の影響が大きいです。
 15歳で日本語を学び始めて、パリの専門大学で日本語を学び、日本文部科学省の奨学金で信州大学に留学し、20代前半で福岡に着任して仕事を始めました。私としては当たり前のプロセスを踏んできました。
 40歳の時に、次は何ができるかと考え、日本語だけでなく、落語にも興味があって、噺家との交流は面白く日本語の勉強にもなると思ったのです。過去と今と将来が繋がっています。


落語との関わり

 言語学者として過去の文献を研究する道もありましたが、落語の方が楽しいと感じ、人との交流や新しいものを創る感動に惹かれたのです。
 落語は想像力を豊かにします。扇子1つで、蕎麦も食べられるし、タバコも吸えます。
 でも、落語は海外ではあまり知られていません。日本人も落語のことはあまり分かっていないと思いますし、「笑点」が落語だと思う人もいるかもしれません。落語家しか本当の落語のことを知らないです。一般の人とは違う世界にいる雰囲気もあります。地方では寄席も少ないので、触れる機会が少ないかもしれませんが、寄席の落語は4時間半も楽しめるし、客入れが無い時は寄席に8時間も居ることができるので、とてもコスパが良いですよ。
 私は師匠に正式に弟子入りしていないので、落語家ではなく落語パーフォーマーですが、師匠には良くしてもらっています。大御所の師匠が海外に行くときは、私が現地で様々な手配をして、落語を、日本文化を広めることに繋がっていますので、少々のことは、師匠も大目に見てくれているかもしれません。

フランスでの口演

 フランスでの口演


フランスでの日本文化

 文化に拘るのは、文化への気持ちが強いフランス人の癖ですね。フランスは文化に相当な予算をかけ力を入れていて、小さい頃から文化にアクセスしやすい環境です。映画もライブも安いですよ。
 今、私は日本文化の紹介をして、日本の国がやるような事をやっています。こうした新たな取り組みを伸ばすために、関わっている人達を応援する文化的な助成を、日本政府に期待しています。今は足りません。
 一昨年、日仏交流160周年記念「ジャポニスム2018」がありました。申請や開催内容を日本側で決めていて、有名人の関わりで報道機関を集めるには良かったのですが、予算はあるので、今後は現地サイドも関わる形にすれば、無名でも新しい人が活躍できる場になっていけると感じました。民間レベルで日本を紹介するフェスは増えているものの、国の支援があるともっと良いと感じます。
 パリのジャパンエキスポは、日本を紹介する欧州で最大のフェスです。来場者が多く人気があるので出演料が高騰していますが。
 それに対し、10年前からフランスの地方都市でも、地方版ジャパンフェスを開催し始めました。参加はオープンで、日本文化の浸透に繋がっています。アニメ・漫画・コスプレがメインで、人が集まりやすいです。トゥール市のジャパントゥールフェスティバルは、スタート当初から伝統ステージも取り入れていて、私も5年前から参加しています。

 日本文化への意識は増えていて、「いろいろあるぞ」という感じで、食文化も浸透してきています。以前は芸者・サムライ・寿司といったところでしたが、今や、サケ・オニギリ・ソバ・ウドンが、そのままの言葉で広まっています。
 私は講演会も行っていますが、結局「文化交流は何か」と考えてみると、「異国のものを自分のものにする」事だと思います。完全に日本のままで取り入れるのではなく、地元に合うようにカスタマイズするのです。和食レストランも、米の質とか環境も違うし、同じようにはできないので、カスタマイズしています。
 落語も同様です。日本人が思い描く落語とは違い、カスタマイズしています。フランス語と日本語とで言語も文化も違うので、そこは大目に見てもらう事になります。いろいろ学んで吸収して自分なりにやっていますが、これまで日本と接点の無かったフランスの人に、落語の雰囲気を伝えられています、伝え方の勘所があります。

カナダでの口演

 カナダでの口演


文化的な深み

 文化は、コンテンツはあるがクオリティはどうかが重要です。文化関係の取り組みを趣味でやっている人ならノーギャラでも良いのでしょうが、それを仕事としてやっている人には、趣味の方が多く入って来ると困ることになります。文化の質を下げることにもなります。
 言語学者として話すと、日本語は語尾で女性とか侍とか子供とかが分かります。それはフランス語では表現できません。自分のことを表すのに、日本語は、ワシ・オレ・アタシ…と表現がたくさんあります。フランス語ではそういった区別ができないので、区別するには声のトーンを変えるとか工夫しています。
 フランス語の良いところは、深くてリッチなところです。尾瀬あきらのマンガ『どうらく息子』を翻訳しています。これは、寄席を見て感動した青年が、落語家に弟子入りする話です。真打まで行けるか、落語のドキュメンタリーにもなっています。それを読んだ後に演目も楽しめます。
 独特な言葉をどうやってフランス語にするかを調べていくと、古いフランス語とかを使い、演目の雰囲気を持ちつつフランスチックで訳しています。古典落語『金明竹(きんめいちく)』で、蛙(かわず)と買わず(かわず)を掛けています。フランス語の活字だけでこれを伝えるには表現の工夫をしますが、『どうらく息子』はマンガで読者は絵も見るので、全く違う表現にすることはできません。それで調べていくと、「カエル」のフランス語の古い言い方で「買わない」という意味の表現がありました。これを見つけた時は、興奮しました。皆、尾瀬あきらを読んでいるので、デタラメはできないです。
 フランス語と日本語は意外に繋がる所があります。私はフランス人なので、翻訳は自分の言語のフランス語に訳す形で主にやります。フランス語を日本語の訳す場合は、日本人のチェックが必要です。日本語は助詞の使い方とか大変ですが、リズム感があります。落語は日本語の勉強の延長にもなっています。


今後の取り組み

 落語の学校と言うには大げさですが、落語を舞台芸術として広めたいです。日本に興味が無くても、落語を1つの舞台芸術として見て欲しいと思います。
 夏に3日~7日の集中講座のような形で、フランスの田舎で、10人くらいの人数で行うイメージです。朝は落語、昼は和食、午後は日本文化の体験といった研修にして、異文化に興味のある人に参加してもらいたいです。
 これまでフランスで落語を行なう時は、日本大使館主催やフェス等、整った環境で披露させてもらい、とても有り難いですが、そういった日本のネットワークから出て、一般的な会場とかフェスで、1つの舞台芸術としてやりたいと思っています。
 4年前にニューカレドニアで1週間のフェスがありました。モロッコやバヌアツ等、フランス語圏の語り部が参加しました。私が日本代表の立場で、フランス語で落語を披露し、それまで日本に関心の無かった人達に滑稽話をしました。皆、ゲラゲラ笑っていました。これは2年おきに開催しています。こういった所でも落語をドンドン広めたいと思っています。
 カナダやアフリカには、ストーリーテリングのカルチャーがあり、そこでも大いにやりたいです。絶対に受けると思います。
 海外にいる方、ぜひ私のサイトをご覧になって、いつか私を呼んで下さい。


シリル コピーニさんHP https://cyco-o.com/
(参考情報)アンスティチュ・フランセ日本 https://www.institutfrancais.jp/
      ジャパントゥールフェスティバル https://www.japantoursfestival.com


 


a:199 t:2 y:2