IFSAは外国人留学生のための様々な情報提供、就職・転職支援(日本人海外経験者含む)までを行う非営利団体です。

土佐の豊穣祭2017

Top向学新聞遊・楽・知スポット>土佐の豊穣祭2017


土佐の豊穣祭2017  


海の幸「戻りガツオ」
高知の秋の味覚が大集合


 高知県は四国の南にある太平洋に面した県で、豊かな自然に囲まれ、秋にはお祭りやグルメ、紅葉など様々な魅力がある。特に「ご当地グルメ」がおいしいところとして知られており、大手旅行雑誌「じゃらん」が毎年発表する「地元ならではのおいしい食べ物が多かった」ランキングで1位(8年間で6回1位)に輝いている。

1710 土佐の豊穣祭2017 鰹のたたき(ポン酢)

鰹のたたき(ポン酢)


 この高知のグルメが集結するイベントが「土佐の豊穣祭」だ。毎年9~11月に県内7エリア(会場)で開催され、カツオはもちろん、新米、鮎、山菜などの秋の味覚、旬の食材も味わうことができ、7エリアそれぞれに食・音楽などのこだわりを詰めこんだ催しが行われる。

1710 土佐の豊穣祭2017 土佐國美味集結・豊かな海づくりフェスタ(高知市会場)

 土佐國美味集結・豊かな海づくりフェスタ(高知市会場)


 高知の食べ物の中でも何といっても注目は『鰹のたたき』だ。鰹の表面だけを藁を使って強火でさっとあぶり、ニンニクや大葉、ネギなどをたっぷりのせて、柚子ポン酢で食べる。近年は塩をつける食べ方も、より藁焼きの風味を感じることができると大人気になっている。

 鰹は春から秋にかけて日本近海を黒潮に乗って北上し、秋になるとまた北海道や東北沖から南下する。このため旬が2度あり、春の「初鰹」、秋の「戻り鰹」と呼ばれている。戻り鰹は、遠い海に出ていた鰹の身に油がたっぷり乗っている濃厚な味わいだ。豊穣祭の時期は戻り鰹がちょうどおいしくなり、特に鰹の水揚げが盛んな高知県西部で食べる鰹は格別だ。
 
※土佐の豊穣祭2017
 9月30日(土)~11月13日(月) 期間中7回7会場で開催。
 高知市会場は11月11日(土)~13日(月)
 URL http://www.tosa-hojyosai.com/

1710 土佐の豊穣祭2017 豊穣祭ドリンクラリー/制限時間内にはしご酒!コース表に書かれている5店舗を制限時間内に回る楽しいイベント!(高知市会場)

豊穣祭ドリンクラリー/制限時間内にはしご酒!コース表に書かれている5店舗を制限時間内に回る楽しいイベント!

1710 土佐の豊穣祭2017 音楽と食の芸術祭/音楽を楽しみながら、高知県内の人気シェフ達が作り出すお料理を堪能出来ます(高知市会場)

音楽と食の芸術祭/音楽を楽しみながら、高知県内の人気シェフ達が作り出すお料理を堪能出来ます(高知市会場)


 

1710 土佐の豊穣祭2017 牛串

 牛串


1710 土佐の豊穣祭2017 四方竹:タケノコの一種で、10月中旬から1カ月程度しか味わえない

 四方竹:タケノコの一種で10月中旬から
  1カ月程度しか味わえない


 
2017年10月掲載
 




a:207 t:1 y:1

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional